トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 オリーブデイリー
コラムと特集記事 > オリーブの声
「強欲資本主義」が国を支配するとき、必ず戦争への道が開かれていく。

いま日本経済は「強欲資本主義」が国を支配し、官僚と政治家(自民党)がそれに乗っかり、自分たちだけが儲かればそれでよいという政治、いわく餓鬼道に堕してしまった。
その結果、昨日も述べたように年収400万以下層は労働人口全体の六割近くを占め、そこから所得税、保険料、消費税を負担する貧困増税社会になっている。

みなが賃料を払い、水道光熱費、スマホなどの通信料を負担する必死の一億総中流はすでに落伍者だらけである。
社会には問題が山積みなのに、誰も目を向けようとせず、日本社会は荒廃の一途だ。
社会保障もこれから費用が嵩むため、削減が予測される。

若者は半数が非正規で、しかも奨学金を借りている学生は卒業即高額債務者となる。
なにの将来の夢があろうか。
いまの日本には、夢がない。
ひとたび脱落すれば、先に書いたように誰も見てくれないで放置される。
例えば除染は、途中のピンハネが幾重にも重なり、「強欲資本主義」はその頂点で「不労所得」を得る。

このような背景から、常に歴史は「強欲資本主義」が「戦争」というビジネスを背後から煽るようになることを書いておきたい。

「強欲資本主義」者たちは、国にカネを貸し(それも紙幣を刷るというペテンで)、そのカネで系列あるいは投資先の軍需企業に銃器を発注し、政府はその銃器でとまらない戦争に入り込んでいく。
戦争が長引けば儲かる。

カネから濡れ手に粟の金利が転がり込み、投資先の軍需企業からは利益と配当が手に入る。
国民は単なる「タマ」でしかない。

日本の戦前もそうであった。
「強欲資本主義」が国を支配するとき、必ず戦争への道が開かれていく。
誰かが望むから戦争が起きる。
しかしながら皆さんが知るように、それは亡国の道でしかない。
オリーブ拝 転載禁止 ( 2016/08/29 18:30 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

 
次へ>





 

会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close