トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 オリーブデイリー
コラムと特集記事 > オリーブの声
情報産業とモノ産業の融合

日本は米国の政策のカーボンコピーでは立ち行かない。
米国が、貿易赤字を累積しながらも経済成長できているのは、ドルが基軸通貨だからだ。
これにユーロが続く。
EUを離脱した英国は斜陽国家の道が待ち受ける。
日本が米国のような金融政策に追従することは難しい。

日本はこれから人口減少社会になるが、そうであるからこそ国の産業活力を重視する必要がある。
言葉でいえば生産性向上というが、日本人はこう聞くと、機械化や非正規雇用化に走る。
だが真に必要な唯一の中核ベネフィットは「付加価値の創造」といえる。
この付加価値が、例えば民生のエレクトロニクス産業では隣国の中国や韓国そして基本設計を担う米国に浚われる結果となっていることを指摘したい。
どこで生産するかはそれほど重要ではなく、やはり研究開発体制とその保護政策が教育のあり方を伴って国家として確立される必要がある。

そのためには構造改革が必要で、もはや日本的総合生産産業は難しくなっている。
いま世界でトップを走る最先端企業の多くが、特定業種に集中し、その競争力を高めている。
日本が強いのは、自動車、機械そして素材産業だ。
ドイツも似ている。
自動車は機械であるから、やはりITのような情報ではないモノ産業が主軸である。

ドイツの自動車や機械産業は、世界の経済成長に伴って好調だ。
日本は、負けないくらい自動車産業や機械産業が頑張っているが、民生エレクトロニクスがさっぱり活力を失っている。
せいぜいゲームが気を吐いているくらいだ。
だがこの分野は今後異なるかたちで伸びるだろう。
まだまだ新しい分野を創造することは可能で、それは決して情報産業ではなく、モノ産業であり、むしろ情報産業とモノ産業が融合するところに日本の競争力の強みが出るだろう。

重要な政策は金融財政政策ではない。
やるべきは産業振興政策と結論できる。
オリーブ拝 転載禁止 ( 2016/08/24 18:30 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

 
次へ>







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close