トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 オリーブデイリー
コラムと特集記事 > 芸能スポーツ
森元総理の人間性の欠落度

オリンピックの憲章としても、参加することに意義がある。浅田真央選手は、その参加の中で、多くの期待と、参加の意義の中で、世界に感動を与えるという、素晴らしい意義を披露して見せた。スポーツ、教育においても、多くの若者、選手に、”あきらめない”事の重要さを教え、大きなメッセージを与えた。そして、金メダルを期待した、ファンに、メダルより大きな感動と涙を与えた。その価値はメダルよりも大きい。

そんな浅田選手に対して、すでに賞味期限がとうに過ぎたはずの森元総理が東京オリンピックを推進する委員長となった、森元総理が、”あの子は、肝心な時になぜかコロブ”と講演会の席で言ったそうだ。メダルの数だけに集中する、オリンピックの組織委員会のトップこそ自分の権力のエゴでしかない。

オリンピックは彼らのものではない。彼らのやる事は、無事に、感動を与え、世界から感謝されるオリンピックを開催する事だ。原発事故を隠し、嘘で固めた誘致に何の意味があるのだろうか?浅田選手が、この森元総理の発言に対し、”今は言った事を後悔しているんじゃあないですか”、とニヤット微笑んで答えた時4年間苦労してトレーニングに明け暮れた選手と、己の能力もわからずに、偉そうに、人の前で、そんな選手を批判するおじいちゃんとの差の大きさを感じ、思わず笑ってしまった。人間の生き方こそ、その差だろう。
中田のみや ( 2014/03/01 13:26 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

ご意見が5件あります
(ご覧になる場合はボタンをクリックして下さい)
 







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close