トップ ニュース 速報 Olive Weekly 動画 ゲーム トピコメ サイトマップ
  トップ 新着 コラムと特集記事PPV国内エンターテインメント経済海外暮らしコンピュータサイエンスクッキング使い方とQ&A
  オリーブの声 Lサイド ニュース特報 小沢一郎の部屋 ガソリン暫定税率廃止 税金のムダ 学校教育と家庭教育 母子家庭 後期高齢者医療 障害者と福祉
 
  非正規雇用・労働組合 ワールドレポート 徳山勝連載・コラム 健康と美容コラム 八ッ場ダム問題 芸能スポーツ 夢を叶えて メディア報道のあり方 著書・書き下ろし 安倍政権
  速報・特報 セラヴィ・コラム 読者コラム 東北地方太平洋沖地震 福島第一原発事故 福島からの手紙 オリーブデイリー
コラムと特集記事 > Lサイド
子どもの純粋な視線から学ぶ

先日、外出するためにアパートの部屋から外に出てきたとき、「こんにちは!お元気ですか?」と小学生の女の子から声が掛かりました。また、買い物から戻り、車の後部座席のドアを開けようとしたところ、「手伝いましょうか?」と。ほかの車が止まっていたので、その子の存在に気付きませんでした。そのため、車の陰から出てきてまで声掛けしてくれた彼女にはびっくりしました。彼女はアパートの大家さんのお子さんで、ときどき遊びに来ているようです。

加齢とともに体型に歪みが出る人も少なくないため、私が変形性股関節症を患い、体が不自由なことは気付かない人が多いのです。スーパーのレジで精算後のカゴを袋詰め台まで運んでもらったことはありません。70代くらいの高齢者に対してはそういうサービスは行われていても……です。それだけに、他人に親切にする彼女の気持ちを大変うれしく感じました。また、障がい者に対して自然体で接する子どもの純粋な視線には驚きました。ただ、想定外のことだったので、彼女の気持ちを傷つけない形で断れたかどうか心配しています。

その子は同年代の女の子といっしょにいましたが、まわりに大人の姿は見当たりませんでした。私への声掛けは、誰からいわれるでもなく自分自身の判断だったのです。もし、私が彼女と同じくらいの年齢なら、おそらく大人に声を掛けることはしなかったでしょう。ためらいの気持ちや恥ずかしさもありますが、先ほどお話したように、相手の反応によって自分が傷つくのが怖いからです。

私が住んでいるアパートは、その地域にある唯一の集合住宅ですが、地域との付き合いはありません。これまで住んできたところでは、自治会に対して何らかの費用を収める必要があったり、集会への出席が義務付けられたりと、いろいろな決まりがありました。しかし、いま住んでいるところでは自治会から求められることもありません。
また、外出するときはいつも車のため、地域の人と立ち止まって挨拶する機会もなく、相手の顔色をうかがわなくても済みます。

それだけに、アパートの敷地から一歩踏み出し、地域の人との付き合い方に戸惑うことも少なくありません。いわゆる付かず離れずの関係ですが、私以上に地域の人たちのほうが困惑しているでしょう。もちろん、車の運転中に目が合った人には会釈しています。高校の定員数確保などの署名で訪問を受けたときも快く対応しています。ただ、お互いに遠慮し合うためなのか、必要以外のことばを交わすことがほとんどないのです。そういった大人とは関係なく、自然体で接してくれた小学生の女の子からは、忘れていた大切なものを思い出させてくれました。また、そのような優しい子どもに育てておられる親御さんには頭の下がる想いをしました。

私には子どもがいないため、子育てする機会のないまま長い年月を過ごしてしまいました。もし、子どもが1人でもいたら、子育てを通じて自分の成長過程を「復習」できるのですが、それも叶わぬままです。「気楽でいいよ」と考える人もいるかもしれません。しかし、「子どものいない生活」は自分で願ったわけではありませんので、その寂しさは当事者でないと理解できないものです。

もちろん、子育てのためには、居心地のいい家庭づくりが必要です。ご近所さんとの付き合いも上手にしないと、子どもがいじめの対象にもなります。経済基盤がしっかりしていないと、学習環境を整えることも難しいですね。これらは、すべて私自身が体験してきました。もし、私に子どもが生まれていたら、自分の二の舞どころか、もっと悲惨な想いをさせていたかもしれません。

いろいろなことを考えると、自分に子どもがいないことは不幸中の幸いでした。気がつけば亡母の年齢を超えています。わずか1カ月半前の話です。これから先は未知の世界への挑戦になり、既にその歩みが始まっています。いずれは福祉のお世話になりますが、その日の訪れが一日でも遅いことを願い、自分なりに精一杯がんばっていきたいと思います。

オリーブニュースでコラムを書かせていただいてから約10年。諸事情があり、今回の記事を持って最終回とさせていただきます。つたない記事をお読みいただき、コメントをいただいた皆様には心から感謝しております。ほんとうにありがとうございました。
<翔子>   ( 2016/07/30 18:15 )
ページトップに戻る
私の意見 評価する  評価しない
私の意見の投稿は評価する・評価しないを選んで投稿ボタンを押して下さい。
同時にご意見があるときは評価を選んだ後に下記に書いて投稿ボタンを押して
ください。評価は即時に反映されますがご意見は、必ず反映されるわけではご
ざいません。また反映後に削除される場合もございますので、ご了承をお願い
します。意見の投稿は10文字以上200文字以内でご入力下さい。
(200文字以上はこちらから)3回まで投稿いただけます。

ご意見が2件あります
(ご覧になる場合はボタンをクリックして下さい)
 
次へ>







会員登録はこちら - 会社紹介 - 問合せQ&A
ご利用規約 - ニュ-ス配信申込停止 - 個人情報保護法への取組み 広告掲載

Copyright (C) 2010 OLIVENEWS INC. All Rights Reserved.









close